FC2ブログ

想いで

2019/06/07
 2012えひめいやしの南予博・・・
~バラの香りのオープンガーデン~
生涯に一度限りの大きな決心で臨んだイベントのつもりが、
平成から令和の時の流れのままに、
いつの間にか八回目のオープンガデンも無事終了しました。
20190607 想いで
5~6年も前になるでしょうか?
ひとりのご婦人がカフェをおとづれ、
『夫を車に待たせている、歩けないのでコーヒーを運んでほしい』
との注文がありました。  
カフェの中はお待ちいただいているお客様がいっぱいで余裕もなく
後日車椅子で訪問されて、カフェもそのまま利用されるようお勧めしました。
数日たって、その時のご婦人のと、車椅子の男性、
若い男女のご家族らしい方がガーデンを散策
されて、やがてカフェに入ってこられたのです。   
男性が注文されたのはコーヒーでした。
しばらくは、ご家族の団らんが続き、
女性の声で『コーヒーのおかわりをお願いします。』
私のカフェでおかわりの注文はほんの数名で、
コーヒーをおかわりされたこの男性も想いでの人となりました。
20190607 想いで③
今年、二度も訪れていただいた、このご婦人は
一度目は京都からのお客様とご一緒で『主人は亡くなりました』と一言・・・
ここにきて、コーヒーを飲んだことをお連れの方に話されていたご様子でした。
二回目は、若い女性の方とお二人で、
数年前にご家族で来られていた息子さんのお嫁さんでした。



20190607 想いで②
「あの人たち、どうしてるかな~」
やはり、数年前のこと、ガーデンにたたずみ、
時には促されながら香りを確かめられていた母娘・・・、
すぐにカフェに入られて、聞けばお母様は7歳のころ突然視力を失われており、
娘さんは、大きな手術を受けられた直後とのことでお話を残されて、帰られた後に、
「がんばれ!!」としか言いようのないとても気になる母娘だったのです。
20190607 想いで①
今年カフェにお見えになったお母様の横にその時のやさしい娘さんの姿はありませんでした。

年に一回5月だけのオープンガーデンにたくさんの方が足を運んでいただきます。
多くの人とお会いして、お話して、いろんな想い出があふれている
そのような大切な場所になっているようです。

コメント

非公開コメント

No title

すみれさんが覚えておられると同時に、、、
その方々の心にも、いつもそのシーンが焼き付いているのでしょうね。

時には、その時のバラの香りや珈琲の香りまでも。。

No title

アイハート様 今晩は。

 私がシーズンにお会いしているお客様は、
僅かな人数です。
忙しい日は、厨房でひたすらコーヒーを
淹れています。
 名前も知らない大勢のお客様ばかり
ですが、それぞれの想いを大切にできれば
と思っています。

No title

人との出会い、短い瞬間の中にも、心に刻まれるような出会いがありますね。
こちらのお庭にいらした、沢山のかたたちも、きっとこの美しいお庭の事が心に刻まれていることと思います。
人生の一瞬に、こんな素敵なお庭があった、
あの方はどうされているかしらと思えることも、良い出会いなのですね。
心に残るお話。ありがとうございました。

No title

mimiha 様 こんにちは。

 一期一会を心がけ、オープン前の4月には、
重圧に潰されそうになったり、
一ヶ月過ぎた今は、雑草に負けそうになったりしながら、
来年を目指しています。

 アイハート様やmimiha 様のやさしいコメントに心がなごみます。
 有難うございました。

思い出・・

こんにちは~♪
素晴らしい人との出逢い思い出話に・・感動しました(*´∀`*)

是非見に行ける距離であれば来年観に行きカフェでコーヒーも頂きたいです~♪


No title

さっちゃん様 有難うございます。

 年に一度、僅か一ヶ月だけのオープンガーデンと、その時期だけのカフェの営業です。

 お客様との出会いを大切に綴って行きたいと思っています。