FC2ブログ

舟石

2015/07/22
 生まれる、ずっと以前から、実家の入口付近に鎮座して
「舟石」と呼んでは、幼いころから遊び親しんできた懐かしい石が・・・
20150722 舟石
玄関の脇に、静かに佇んでいます。

20150722 石畳
生前の父に許しは得ていたものの、簡単に持ち運べるもではなく・・
数年の年月の後、父の後を継いだ兄から、
「親父がら聞いている~舟石持って帰れよ!」と言ってくれたのをきっかけに
二人の庭師さんと一緒にこの「舟石」を引き取りに行ったのです。
ところがです、庭師さんたち、実家の裏山に入り込んで出てきません。
追っかけて行ってみると、
『こんなにいい石がいっぱいあるのに、もったいない、貰って帰ろ』・・と・・
兄に頼むと、いくらでも持って帰れと言われたものの、さあ大変・・・
クレーンのついた庭師さんのトラック2台で往復3~4時間の実家まで石拾い、
ある時は11トンダンプに、クレーン車まで雇って作業を数回繰り返し
20150722 飛び石
たくさんの石が、我が家に運ばれてきました。     17年ほど前のことです。
庭師さんが「入船」に見立てて据え付けてくれた畳一枚を超えている舟形の石を見ると、
この舟石は、たくさんの石とともに、多くの思い出をここまで運んできたんだなあ~
そして、この先もずっと~想いを乗せてくれる大切な存在になっています。

コメント

非公開コメント

No title

うわぁ  石の置き方が素晴らしいですねーー。そして石は雨に濡れるとまた一際美しくなるのですよねー。

御実家からの石。石たちも欲しいと言ってくれる人のお庭に置かれて、喜んでいるように思えてなりません。
このように、物語が庭には沢山あるのですよね!
そんなこんなが詰まった庭。やはり時間の芸術ですね^ ^

No title

mimiha様 こんにちは。
 今日やっと梅雨明けです。 強い日差しに身体がついてゆけないようです。
 和庭の石組は、すべてプロの庭師さんにお任せだったのですが、共に作業して、いろんな事を学びその後のガーデニングにも役立っています。
 お忙しい中でのコメント、有り難うございました。