FC2ブログ

梅雨のおわりに

2018/06/30
  関東甲信地方では、はやくも梅雨明けだとか
当地方では、昨日の激しい雷雨が、今日も少し残っている状態
もうすこしだけ、朝寝坊を楽しみたい私、
『早く起きて』と、楽の目覚まし攻撃に急かされて、
今日もまた一日がはじまりました。
20180630 楽

すぐそばで様子を見ていたすみれは、
私が、寝室のドアを開けると、尻尾をピーンと立てて、楽と並んで私の前を歩き
リビングの自分たちのそれぞれのお茶碗の前に座り、朝ご飯を待ちます。
20180630 すみれ

このこたち、自分のお茶碗を理解できているらしく、相方がそばに居ないときは、
そちらのお茶碗から食べ始めて、自分のは残そうとするのは、猫の性なのでしょうか?

朝ご飯をあげたから、私はもうひと眠りと、ベッドに向ったのですがだめみたい、
すみれと楽がいきおいよく追いかけて来て、寝かせてくれそうにありません、
20180630 すみれ&楽
私が起きてしまえば、このこたちはどこかでごろごろ寝てばかりなのに・・・

我が家の毎日は、こんなところからスタートして、
『楽・・すみれ・・もう寝るよ』と寝室に呼び込んで翌朝の目覚めまでを繰り返しています。

梅雨空の下では、
20180630 ヤブカンゾウ
ヤブカンゾウや

20180630 ハルジオン
ハルジオン

20180630 チョウセンヨメナ
チョウセンヨメナが雑草の中で花を咲かせています。


20180630 エキナセア
雨に耐えるエキナセアがテルテル坊主に見えるのは私だけかしら・・・?

すみれと楽と夏つばき

2018/06/19
 5月中、健気にお留守番をしてくれたすみれと楽、
楽は、毎朝5時半になると正確に私を起してくれました。
20180619 楽①

甘えん坊で、おしゃべりの楽は、ニャンニャンと私に付きまとい、
毎朝の別れが大変、

マイペースで、世話のいらないすみれは
20180619 すみれ
夕方からピッタリ私に寄り添って、離れようとせず、
まるで、『毎日、毎日、楽のお守はたいへんよ・・・」と
訴えかけられているような、

体重・体力ともにすみれを追い越してしまった楽は
20180619 楽(らく)
遠慮なしにすみれに飛びついて、組みふせています。

ですが、
20180619 すみれ&楽②
なにかあると、すぐ、すみれの脇で小さくなり
 
 20180619 すみれ楽③    20180619 すみれ&楽
 
 20180619 すみれ&楽⑤    20180619 すみれ楽④
まだまだ、おこちゃまなのです。

6月になって、まるい蕾をたくさんつけていた紗羅の木(夏つばき)
20180619 薔薇と紫陽花と紗羅の木
20180619 なつつばき③20180619 なつつばき②20180619 なつつばき①
朝夕に咲いたり散ったりを繰り返している様子、

紫陽花も今日の雨で
20180619 紫陽花①20180619 紫陽花②20180619 グラジオラス
               一昨日のグラジオラスも、 もう終わったかも・・・

雨の一日、
すみれと楽は、お気に入りのそれぞれの場所でしずかに休んでいるようです。
20180619 すみれ②
バイバイ、またにゃ~







五月のバラの庭

2018/06/10
 年に一回、5月のバラの季節にだけオープンする
       『ガーデンすみれの丘』
趣味で始めたはずのガーデンだったのですが、
お客様には、『バラ園』のイメージが強いご様子です。

  5月の私たちには、ガーデンのバラの花をゆっくりとみている暇もなく、
机の上に放置されていたカメラには、
UPされていないたくさんの画像が記録されていました。

私のガーデンで生まれたバラ
20180610 我が家で生まれたバラ
5年前に紫玉の下で芽を出した2本の実生苗を鉢取りして育てていたら、
1本は紫玉、そしてもう1本がこの花です。 
とても可愛くて、嬉しいことに返り咲き種
200種ほどのガーデンのバラには類似する花もなく、
私の名前を付けて大切に育てています。

今回は、5月のガーデンに咲いたバラ達を写した、
壊れかけのカメラの中からのUPになります。
  20180610 フォールスタッフ    20180610 パットオースチン

  20180610 グラミスキャッスル    20180610 キャサリンモーレー

 
  20180610 ギィードゥモーパッサン    20180610 コモンモス
 
20180610 人里

  20180610 八重ハマナス    20180610 シャルロット

  20180610 ロサモスカータ    20180610 クローネンブルク

どの花も全て私の5月の庭に咲いていたバラ達ですが、
今となっては画像が残るだけ、

バラの他にも、
  20180610 ヤマアジサイクレナイ    20180610 バイカウツギ
                     いとおしい花がたくさんあります。

そして、5月のオープンガーデンで、多くの皆様から名前を聴かれた一番は
20180610 バラを支えた草花
オルレアの白い花でした。   
バラの花も、たくさんの下草に支えられて輝いていました。

私がこのブログ用に使用している2代目のカメラは、
ごらんのように画像下部などがくもり始め、ズームも利かなくなってしまいました。 
次回からは3代目のカメラの映像になります。