嵐のような・・

2016/07/31
タイタンビカスやムクゲの花が、
朝に咲き・夕べに散って行く、とても静かなガーデンの日々・・
20160731 タイタンビカス

子育ての忙しさや苦労などは、
長女の成長に伴い遠い昔のことになっていましたが、
その長女一家の里帰り、一昨年の正月以来のご対面
20160731 嵐①
まだ2・3の片言しかしゃべれなかったあの子が
いきおいよく庭を走り回り、私達と対等に会話できる程度に成長していました。
20160731 嵐②
部屋の中でもパワー全開で、付近にニャンズの姿はありません。

二日目は、近くのおさかな館でペンギンとふれあい、
20160731 嵐③
午後は親子3人で四万十町のホビー館へ向かったため
留守番の私たちは、にゃんズとともにしばしの休息、
夕方になって「ただいま」と云いながら近づく足音に、
ギョギョッと目を丸くして一目散に姿を隠す、すみれとその後を追う楽の素早い動き。

三日目の朝が来ても
20160731 嵐④
にゃんズは現れませんでした。
前日から一生懸命に手なづけていたママが
20160731 嵐⑤
帰宅直前に、やっと思いをかなえさせてくれました。
すみれと楽は、寝室の片隅で、私達の手の届かない空間に入り込み
嵐が過ぎ去るのを身動きせずにひたすら耐えているようにも見えました。
20160731 すみれ&楽
すっかり静かな日常をとりもどした部屋に座り、
「こんにちは」「ありがとう」「ごめんなさい」の言葉を自然体で使えている三歳児が、
このまま真っ直ぐに成長してくれることを願っています。
  ~来て嬉し 帰って嬉し 孫台風~
まだ若いころに目にした川柳を実感した数日でした。

グリーンアイス

2016/07/23
連日の暑さに飛び交う挨拶も、「アツイ・・」「暑い・・」
と、悲鳴のようにも聞こえています。
せめてタイトルだけでも涼しそうにきめてみました。
「グリーンアイス」は四季咲きのミニバラ
20160723 グリーンアイス
花持ちがよく、色合いの変化の美しいとても丈夫な品種です。

コント・ドゥ・シャンボールはすでに3番花でしょうか?
20160723 コントドゥシャンボール
繰り返し咲き・四季咲に分類されているオールドローズ
画面を見ていると・・まるですみれ&楽・・

そんなニャンズに逢いたくなったのか7時間ほどかけて帰郷した二男
20160723 帰郷
当初はすみれに知らんプリされていましたが、
3日目にはうちとけあって和んでいたようです。

すみれは、少し離れた位置から楽の様子をいつも見ているようで
20160723 躾け
わんぱくが過ぎると、こんなこともしょっちゅう、
楽の躾はすみれにお任せです。

昨晩は、十七夜月
20160723 十七夜月 
立待月とも呼ばれるそうですが、
夜10時ころ室内にとても良い香りが運ばれてきて、外を見ると
20160723 月下美人
今年もまた、月下美人が開花しました。
今宵はたくさんの花が咲きそうな状態になっています。




グラハムトーマス

2016/07/17
久しぶりに、ガーデンすみれの丘に咲いている
バラの花をUPしました。
グラハムトーマスは、つるバラとして誘引管理していますが、
ベイサルシュート、の管理を怠り、
20160717 グラハムトーマス
このようなことになりました。  ナチュラルですね。

クイーンエリザベスも
20160717 クイーンエリザベス

バタースコッチも
20160717 バタースコッチ
育て方はいろいろあるようですが、私はあまりこだわりません。

雑草に埋もれていた百日草ですが、なんとか草むしりが間にあって
20160717 百日草
カラフルに答えてくれました。

私の知らないところで・・・
20150717 小鳥の巣
ひとを寄せ付けないようなマーメイドの鋭い棘に守られるようにして作られた
鳥の巣を発見、すでに空き家になっており、
無事巣立ったのか否かはわかりませんが
小鳥の数が増えたような気もします。

すみれ&楽
20160717 すみれ&楽
すみれ5.36キログラム程度、楽2.3キログラム
楽は朝になると毎日おおきくなっているようです。

訓練

2016/07/12
大規模災害に備えた炊き出し訓練に 参加しました。
訓練を行ったのは
社会福祉協議会のいきいきサロン「ミナクル会」の皆様とそのご家族、
社協の職員さんと、役場危機管理室のNさんと私の15名程
20160712 バレリーナ
ガーデンのお隣にある集会所に午前10時に集合、曇り空の天候を気にしながら
数十年ぶりのかまど炊飯、かまども薪も会員さんの持ち寄りで、
これは男性陣の担当、昔から伝わっているとおり、中指第2関節に水加減をして、
「はじめちょろちょろ、なかパッパ、赤子泣いても蓋とるな」と薪を燃やし
緊張の瞬間がおとずれました。
20160712 炊飯①
大成功です
20160712 炊飯②
焦げ付きも理想的、さっそくおこげを・・・
炊きあがった真っ白のご飯は
20160712 料理①
ベテランのお母さんたちが手際よく
20160712 おにぎり
数種類のおにぎりが完成しました。
20160712 試食
おにぎりの他にも、それぞれの家庭菜園で採取した野菜や、自慢の梅干しや漬物、
非常用の保存食などもあり、とても豪華な試食会、どれもこれも美味しくいただきました。

試食会に続いて危機管理担当のNさんのお話と災害をイメージしたビデオを見て
20160712 講和

20160712 非常持出
全世帯に配布されている非常持出袋の中身を改めて確認し、
大規模な災害がないことを願いながら、備える心がけを思い起す訓練でした。
いま、私達が大きな災害にあったら・・
20160712 にゃんズ
このこたちはどうなるのでしょう?  何事もないことを・・
被災されて未だにご苦労なさっている方が、平穏な日常に戻れますように・・
お祈りしております。

リョウブの花

2016/07/09
気温34℃の夏日が4~5日つづき、また激しい雨が降り、
いったい、いつまで・・?
先日大きな鹿が雨を避けて休んでいた山裾の大きな木、
純白の花を咲かせています。
20160709 リョウブの花①
可愛い小花を房状にならべて、甘く華やいだ香りを控え目に放って咲いている
20160709リョウブの花③
令法(リョウブ)の花
20160709 リョウブの花②
昔、飢餓に備え、若葉を食料にするため、「令」にて植えさせたための由来名だとか、

この花は、虫に食われたためではありません
20160709 イザヨイバラ①
十六夜薔薇(イザヨイバラ)は
20160709 十六夜薔薇
一部が欠けていることが愛でられる、原種系のバラです。

にゃんズです
20160709 にゃんズ②

20160709 にゃんズ①

20160709 にゃんズ④
私にはわかりませんが・・・、すこしわかるような!
楽はとても元気です。

合歓の木(ネムノキ)

2016/07/03
淡紅色の美しい花を咲かせるネムノキ(合歓の木・合歓木)が好きで
何回か、苗を買ってきて植えてみましたが、うまくゆきません。
20160703 ネムノキ①
梅雨明けを思わせるような青空の下で咲いている合歓木(ねぶ)の花は、
万葉集や奥の細道にも歌われており、地方によっていろんな呼び名もあるらしいのですが
私がまず思い浮かべるのは、「ねむの木の子守歌」・・つい口ずさんでしまいます・・
20160703 ネムノキ②
近くの山裾には、大きく育った樹がたくさんの花を咲かせています。

ネジバナは
20160703 ネジバナ①
相性が良いのか
20160703 ネジバナ②
雑草に交じってかなり増えているようです。

そして、すみれ&楽
20160703 すみれ&楽②

20160703 すみれ&楽③

20160703 すみれ&楽④
しあわせです!