パークスイエローティーセンテッドチャイナ

2016/04/23
パークスイエローティーセンテッドチャイナ、ながーいお名前のオールドローズです
20160423 パークスイエローティーセンテッドチャイナ①
クリームイエローの花色が素敵です。  4/18にUPしたのが蕾の状態、
このあとくしゅくしゅとした感じの花にかわります。
20160423 パークスイエローティーセンテッドチャイナ②
高さ2mほどの円柱形に仕立てていますが、暴れん坊の気難しいタイプ
今年は、かなり花を咲かせて、やさしいティーの香りを漂わせています。

ロサギガンティアも
20160423 ロサギガンティア
初めて咲いてくれたのかなと思います。

ロサキネンシス
20160423 ロサキネンシス
すべて、△が購入した、育て方のわかりづらいバラたちです。

そして、我が家の前にある白モッコウバラ
20160423 白モッコウバラ
ロサバンクシアが学名で、やはり花つきが悪いそうですね。
私は、ほとんど肥料をやらず、古い小枝を残すように育てています。
20160423 いやしの南予博
                 もうすこしおまちください

オオデマリ

2016/04/21
大手毬が咲いてきました。
20160421 オオデマリ
咲き始めのころのこの色・・・私は好きです。

昨年引っ越ししたイチハツも、
20160421 イチハツ
新しい風景にとけ込んでいます。

毎年種を落として自ら更新して咲いている矢車草も
20160421 ヤグルマソウ
少しづつ咲いています。

小さい苗だったヒラドツツジも5年たち
20160421  ヒラドツツジ
大きく育っています。

きょうのすみれは
20160421 すみれ
おすまし、です。

モッコウバラの開花

2016/04/18
ガーデン入口のモッコウバラが満開になりました
20160418 モッコウバラ
例年より2~3日早く、ガーデンのバラでは今年も一番
蕾の状態から、一番かもと思っていた白モッコウバラも
20160418 白モッコウバラ
黄色い花に続いて咲いてきました。  
私のガーデンに今年初めに香りを届けてくれたのは、この白い花・・
今年もおもいきりバラの香りを楽しみたいと思います。

もうひとつとても楽しみにしているのは
パークスイエローティーセンテッドチャイナ
20160418 パークスイエローティセンテッドチャイナ
何回も失敗を繰り返し、やっと開花しようとしています。
20160418 パークスイエローティセンテッドチャイナの蕾
蕾もたくさんつけており、このままうまくゆけば嬉しいのですが、
昨年は長く降り続く雨に蕾が落ちてしまい、自然のいたずらに翻弄されています。
我が家のモッコウバラと、このパークスイエロー~、
20160418 モッコウバラとすみれと
花を咲かせるため、他のバラとは剪定などを変えています。

軒先の大きな牡丹
20160418 牡丹
咲き始めたコデマリ
20160418 コデマリ
雨や風が強くなる前の朝のひとときです。

すみれの
20160418 すみれ①
いたずら
20160418 すみれ②
ほんのすこしかみかみするだけで、本気ではありません。
それにしても、スゴイ顔・・本気かな?



シラー・カンパニュラータ

2016/04/15
青色のシラー・カンパニュラ―タ(和名 釣鐘水仙)が今年も咲きました。
20160415 シラー・カンパニュラータ
増えもせず、減りもせず、毎年同じです。

入口付近のタイムの花も満開
20160415 タイム
5年かけて広がってきたカモミールと競り合っているようです。

ガーデン西側の林では、マムシグサが
20160415 マムシグサ
ひっそりと、すこしずつ株数を増やしているようです。
それぞれの場所で、私達の助けも受けず、毎年繰り返して生きている花達です。

すみれに接近
20160415 すみれ①
すみれのブルーの瞳に見つめられ
20160415 すみれ②
おもいっきり接近・・鼻チュウの得意なすみれです。

ハナカイドウ

2016/04/11
  ソメイヨシノが散り始めるころから咲き始めた
ハナカイドウ(俗称 海棠桜)が満開です。
20160411 ハナカイドウ
満開の桜は、葉桜となり周囲の山々の色にも変化が・・、まもなく若葉・青葉の季節です。
蹲居脇のクロモジや
20160411 クロモジ
モミジの新緑が目にも心地よく
20160411 モミジ
赤い花もひっそりと開花していました。
  この季節になると厄介なバラゾウムシ、前回すこしUPしましたが、
再度画像を交えてUPいたします。
①バラゾウムシの被害にあったバラの新芽です。
20160411 バラゾウムシの被害
②バラの新芽でバラゾウムシ発見(中央部の新芽の付け根~見えますか?)
20160411 バラゾウムシ発見
 ポロッと落ちるのに備えて、白紙を下部に差し込んで広げておきます。
③やっぱり落ちたバラゾウムシ
20160411 バラゾウムシ
 ポロッと落ちたバラゾウムシは死んだふりをしたり、でも羽根があり飛んで逃げたりで
④素早く捕獲しなければ
20160411 バラゾウムシ捕獲
 今回は親指と人差し指で捕獲しましたが、中指も使うように指先3本、手袋の先を開け
ているものも使用します。  「アイハート様、最初からこうしておけばよかったですね?」
  私流なのですが、わたしはこれで、一日200匹ほど捕獲したこともあります。
今年は72匹が最高で、昨日今日は数匹ていど、第一次のピークが去った様子ですが
これから先数回の発生が予想され、目が離せません。
目を凝らしてばかりでは疲れます。
20150411 オダマキ
バラの足元に咲いているオダマキを眺めて、しばしの休息。

すみれは
20160411 すみれ①
リラックス
20160411 すみれ②
リラックスです。


カモミールの香りにつつまれて

2016/04/07
 桜のはなびらが舞いおりるガーデンは、
青リンゴの様なさわやかな甘い香りがいっぱい
20160407 カモミール
今年もまた、カモミールの香りにつつまれました。
ふわふわと赤い芽が伸び始めたバラの見まわりが日課の○
20160407 バラゾウムシの駆除
一日平均、20匹~昨日は今年最高の72匹、
午前と午後の2回の数時間かけてのバラゾウムシ退治
消毒による駆除もしてはいますが大した効果も認められず
捕獲に頼っています。   でも、見つけるのが大変、
△□は全く当てにならず、
あと一人②がいてくれたらいいのにと、ため息ばかり、
でも、きれいなバラの花を見るための大切な私の作業と思っています。

半月前には、踏みつぶさないように足元を注意してさがしていた
すみれの花が、
20160407 すみれの花
足の踏み場もなく満開になっていました。

去年は4月21日に開花した入口のモッコウバラ
20160407 モクレン
蕾の状態では、カフェの入口にある白モッコウバラのほうが早いかも・・?

 えひめいやしの南予博 2016
~バラの香りのオープンガーデン~ は 5月1日 からです

今日もお手入れに精を出しているすみれ、
20160407 すみれ①
そのあとは、
20160407 すみれ②
ほっ と ひといき。

満開の桜の下で

2016/04/03
桜の花が、満開になっています・・
20160403 さくら①
崖の上にある我が家の桜も、ご近所の庭先の桜も、町内の全域で満開です!

そして今年で27回目の「桃源郷マラソン大会」が開催されました。
20160403 さくら②
町内外や県外からも、多くのランナーが参加、選手・応援者を含め3,000名を超える人々が
桜咲く森の国に集いました。
20160403 さくら③
スタートした選手の皆さんは、沿道に広がる満開の桃の花をはじめ、自然豊かな森の国を
満喫されたことと思います。
小学校の広場では、大勢の皆様にゆっくり楽しんでいただこうと美味いもの合戦の屋台も
出店、20数件のブースには美味しいものがいっぱい並び、豚汁やおにぎりの配布も、
私も、森の国グリーンツーリズムクラブのお茶のお接待に参加しました。
20160403森の国グリーンツーリズムクラブ
心配されていた雨も閉会式までは持ちこたえてくれ、無事終了、
選手の皆さん、関係者の皆さん、お疲れさまでした。