寒波

2016/01/25
寒波到来県内大雪・・【新聞では】昨日の県内は今季はじめて全観測地点で
最低気温が0℃を下回り、平野部も雪化粧・・と、珍しく雪景色の連続です。
20160125 河後森城跡
国の史跡指定を受けた中世の山城「河後森城跡(かごもりじょうあと)」、
雪の道路は登り口の駐車場に通じています。
20160125 森の国
雪化粧した木木の間から見る森の国、この小さい範囲に、
JR駅併設の「森の国ぽっぽ温泉」・清流四万十川の支流「広見川」・
淡水魚の水族館「おさかな館」や「ガラス工房」などが写っています。
20160125 耕作放棄地
家のすぐそばに広がっていた水田も、耕作が放棄されたまま年月が経過しました。
20160125 クロガネモチ
5日前までは赤い実をたくさんつけていたクロガネモチの木
20160125 ヒヨドリ
今朝見るとほとんど無くなっています。 樹の下の南天の実もありません。
6~7羽のヒヨドリ達、この後いったい何を食べて生きてゆくのか心配です。
すみれの生活に変化はなく
20160125 すみれ①
のんびりと
20160125 すみれ②
すまして
20160125 すみれ③
好奇心も見え隠れの日常です。
こんな雪の日の○は一日中家の中・・今日で二日目・・・
昨日は朝食用の惣菜パンやベーグルを焼いたり、
晩秋に収穫して保存?、いえ、忙しくてそのままにしていた柚子の一部を
20160125 ユズ
やっとジャムにすることができました。  
でも、まだまだ倉庫には沢山の在庫を保存?中、
そして、今日も柚子の加工が続きます。
午後になると、道路の雪は融けて路面は乾き、庭の地面も見え始めています。

雪の朝

2016/01/20
  昨日は、強風が吹き荒れ各地で大雪・大混乱のニュース、
夜になっても強風はおさまらず、外の様子が気にかかるすみれを誘って就寝・・
20160120 雪の朝①
とても静かな雪の朝をむかえました。
20160120 雪の朝②
暖冬の今年は、雪を見ずに終わるのかな?と思ったりしていましたが、
ほんのりと薄い雪化粧です。
20160120 雪の朝④
椿の蕾や、バラのミサキが紅をさしてくれました。
20160120 雪の朝⑤
雲間から太陽が顔を出すとすぐに消えてしまった、ガーデンの雪景色でした。

霜の朝

2016/01/16
  暖冬とはいううものの、朝晩の冷え込みは結構厳しく、
今朝のガーデンは厚い霜に覆われて、朝日に白く輝いていました。
20160116 椿
椿も
20160116 薔薇
バラの花も、今シーズン一番の冷え込みに凍りついています。

予定どおりに作業が終了したつるバラは、
20160116 つる薔薇②
ブランピエールドゥロンサールや
20160116 つる薔薇①
3~4日かけてやっと終わったアルベリックバルビエも、春を待っています。

すみれです
20160116 すみれ①
このごろは、□のベットにもぐりこんでくることが多くなりました。
お互いに、身体を寄せ合って、温もっているようです。
20160116 すみれ②
朝日が昇り、サンルームが暖かくなってくると、ケージに入りすごしています。

○の手仕事は、□のつるバラの誘引作業より少し前に終了
この期間に、□の刺し子のベストが2着、
○のあそび刺しのベストとケープ(機会があればUPする予定)が出来上がりました。
その中から、「二重籠目文様の刺し子のベスト」を紹介します。
20160116 ベスト①
昨年秋に刺し終わった、矢羽根文様のベストの残りの布すべてを使い
20160116 ベスト②
ひたすら刺しました。  これで和室のお仕事は終了、
つかれたァ~二重の籠目は大変でした!
まもなく大寒、寒肥えの施肥作業と、木立性バラの剪定作業が待っています。


アイドル

2016/01/12
 一年前の今日、我が家にやってきた・すみれ・は、
その日の内に、○△□の心をしっかりとたぐり寄せてしまったようです。
20160112 すみれ①
 2015年1月12日夜、家についてすぐ、
届いていたキャットタワーを段ボール箱から取り出して△と□で組み立て、
○は水を飲もうとしないすみれに、ささ身のゆで汁を冷まして与えてみたら
ペロペロと赤い舌で舐め始めて一安心・・
それからは、同じ器で水道水を飲みつづけています。
20160112 すみれ②  
   ちょっぴり不安そうな2枚の円形写真は、(体重2.7㌔)一年前の撮影です。

翌日からは、部屋中が見下ろせるタワーのテッペンで
20160112 すみれ③
いつも眠っているようで、私たちの行動を見張っているようでもあるような?
しっかりと主役の座を占めている様子・・・(今日体重は5.1㌔でした)
 20160112 すみれ⑦  20160112 すみれ⑤

 20160112 すみれ⑥  20160112 すみれ④
 すみれは、私達○△□を、足元から見上げたり、タワーから見下ろしたりして
それぞれに歩み寄り、巧みなしぐさで癒しを与えてくれています。
眠っていても、遊んでいても、いたずらしても、可愛くて・・・
 訪問させていただいている皆様のお宅の猫ちゃん達もそうであるように
ちょっと頑固で、さりげなくツンとして、そのくせみんなに声を掛けられる
私達のアイドルです。
 
20160112 椿
                            (鉢植えの白椿)
 ガーデンのつるバラの誘引は後数本、
大きなガゼボ仕立のアルベリックバルビエに取り掛かって3日目・・・
毎年のことですが、厄介なのが残ってしまいます。





室内の花事情

2016/01/08
長年のつきあいで、毎年忘れずに花を咲かせてくれるシンビジューム
20160108 シンビジューム
すみれからのアタックをのがれるため縁側ですごしています。
暖冬とは云え、冷え込みの厳しい場所で、かなり高齢の古株ですが、頑張っています。

先日すみれの被害を受けたスぺシオキンギアナムの高芽
20160108 スぺシオキンギアナム高芽
植え替えてやろうと思っているのですが、
20160108 スぺシオキンギアナム
増えすぎて、サンルームからもはみ出しています。

こちらのパキラは
20160108 パキラ
テレビの横の箪笥の上が定位置となり、2回目の冬、それまでは落葉していたのですが、
この場所がお気に入りの様子

ガーデンの誘引作業も、あと一息、でも朝から雨が降り始めました。
昨日、つるバラの都合で場所移動してもらった、ピンクの椿が
20160108 椿
新しい居場所で濡れていました。

すみれは食欲旺盛で、30分くらい前から○にべったり付きまとい
可愛い鼻チュウや、ブログ訪問の邪魔を繰り返します。
20160108 すみれ
先日 「ぼくからの ごあいさつ」 を読み涙していると、まっすぐなすみれの視線、気がつくと
夜のご飯の時間・・・30分も過ぎていました・・・だまって待っていた様子。
経験の少ない私たちは、20年を超えた猫との暮らし、とても参考になりました。
あらためてマーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

蝋梅

2016/01/03
日射しの暖かい新春のガーデンに、
蝋梅(ロウバイ)が
20160103 ロウバイ
香り豊かに咲いていました

玄関に取り込んでいた
オンシジュームも
20160103 オンシジュウム
数年ぶりに開花、寒さに弱い小型の洋ランなのですが、良く咲いたものだと思います。
温かくしてやれば沢山の花を咲かせるのでしょうが・・これで十分です。

暖かいサンルームでは
すみれが
20160103 すみれ①
独りで遊んでいます。 (被害に遭っているのはスペシオキンギアナム)
20160103 すみれ②
夢中になって・・・
20160103 すみれ③
夕方になってくると、すみれは、「ニャン・にゃん」ととてもかわいい声で20160103 仕事場
隣の和室で、ちくちくしている○を呼びはじめ、
○の針仕事、暮れも正月も休みなく続いており、
□はつるバラの誘引、今日から再開です。

申年のはじめに

2016/01/01
20160101 Happynewyear
今年の干支は「申」
20160101 申の酒杯
~古代文字の中より、猿が祈りながら歩んでいるような象をえらび杯に刻みました
      年始の祝杯としてお使いいただければ嬉しく思います~備前  藤原 和
の挨拶状と一緒に箱に納められていました。
△の贈り物のおいしいお酒で、おとそをいただきたいと思います。

新年の○の引き出しからは「刺し子の作務衣」です
20160101 作務衣①
米刺し・三つ箱組・籠目の文様です
20160101 作務衣②
□に贈られたものですが、これを着る機会も少なく、その時が来るまで大切に保管中です。

20160101 年越しバラ
昨年は、ブログでの大勢の方との出会いに恵まれて、皆さまに支えていただきました
本年もまたよろしくお願いいたします。
20160101 すみれ