レインリリー

2015/06/30
ハブランサスは雨が大好きな花!!レインリリーともよばれています。
20150630 レインリリー
午後からは、降雨が予報されているガーデンで、雨を待っている様子・・・
20150630 ハブランサス
予報どおり、午後になって雨が降り始め、大雨の情報も報道されており心配です。

ブラインドにより、良い花を咲かすことができなかったコーネリア
20150630 コーネリア
やっと、華やいできた感じです。

アガパンサスも満開!
20150630 アガパンサス

すみれは、大きな球を後ろ足で踏みつけて、
 20150630 すみれ1    20150630 すみれ2
                       球を抱えたまま前転して
 20150630 すみれ3    20150630 すみれ4
 しっかり抱きよせて~~かみついたり~~キックしたり~~闘志満々です。
   

ネジバナ

2015/06/25
捩花(ねじばな)は、ラン科ネジバナ属の小型の多年草。 別名はモジズリとも。
20150625 ネジバナ①
駐車場の隅の草地で、毎年姿を見せてくれています。
20150625 ネジバナ②
他の雑草と一緒に刈り払ってしまうこともありますが、山野草や野生ランとしての人気者です。

ガーデン内では、セダムがかわいい黄色い星型の花を咲かせています。
20150625 セダム
ルドベキアも目立っています。
20150625 ガーデンの状況

先日は、S市からのお客様が、
20150625 お客様
遠方からのご訪問ありがとうございました。

前日に、シフォンケーキとスノーボールをご用意
20150625 シフォンケーキ
シフォンケーキは、期間中に約60個ほど焼きました。
昨年は、失敗して当日の朝、べつのお菓子を用意するというようなこともあり、
今年のテーマは、「失敗しない」と自身に言い聞かせながらの毎日でしたが、
ほぼ満足、自分のレシピを忠実に守りぬき、毎朝、このような状態の仕上がりとなりました。

「これは、あたしのものよ!」とすみれは
20150625 すみれ②
おりまげたり、もぐったり、カーペットがお気に入り、激しくて、やがてボロボロにされそうです。
20150625 すみれ①
キャットタワーの付属品で付いてきたカーペット、たしかにすみれのものです。

夏椿

2015/06/20
  なつつばきは、別名を沙羅の木(シャラノキ)ともいい
仏教の聖木とされる沙羅双樹(サラソウジュ)にちなんだ名前だとか、
20150620 ナツツバキ①
丸い小さな蕾が、朝には白い可憐な花を咲かせ、夜には落ちてしまいます。
20150620 ナツツバキ②
~沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす~~
         (古典で暗記されている方も多いでしょうね)

梅雨に入って、ガーデンの作業は雑草との戦いがつづいています。
雨の休みをねらって頑張っているのですが、空を見上げながらの急ぎ働きで
なかなかきれいになりません。
ブラインドにあってしまい今年はダメかなと思っていたパレードは20150620 パレード
梅雨空に向かって元気に花を咲かせています。

すみれは、相変わらず、5時半になると、活動を開始!
自分のベットから○のベットに移動して、顔をペロペロしたり、タッチしたり、
○の枕に寄り添って、大小二つの頭を並べて眠ってみたりと1時間ほどバトルがつづきます。
20150620 すみれ
日中は、方々で行き倒れているすみれです。

久しぶりの○の引き出しからは
籠目文様の刺し子のバッグをご紹介します。
20150620 籠目刺しのバッグ(表)
表側は、古布の絵柄を切り取って葡萄の模様にアレンジ
20150620 籠目刺しのバッグ(裏)
裏側には蜻蛉の模様をあしらってみました。

ネムノキ

2015/06/16
この季節、道路沿いの山岸に覆いかぶさるように目立っている
合歓の木
20150616 ネムノキ
夜になると葉が閉じることから、ネムノキとかネブノキと呼ばれており、
漢字名の「合歓の木」は中国において夫婦円満の象徴とされていることから付けられたそうです。

ガーデンでは、サハラ’98が輝いています
20150616 サハラ’98
エブリンも
20150616 エブリン
梅雨空の少し冷たく感じる雨に打たれて、美しく咲いています。

酔仙翁(すいせんのう)は
20150616 センノウ
酔っぱらった赤い顔から連想して名付けられたらしいとも言われていますが
バラの花や、オルレアが咲き終わったガーデンに、ビロードのように色濃く咲いている
姿にいとおしさを感じます。

すみれは、
20150616 すみれ①
部屋中を歩き回り、あっちでコロリ、こっちでゴロリ
20150616 すみれ②
カーテン越しの庭の景色は、すみれの眼にはさかさまに映っているのでしょうか?
仰向けのポーズで見ることの多いすみれです。

くちなし

2015/06/11
朝からの雨に、今日は家の中で久しぶりにゆっくりとすごしています。
山茶花の木の下で、斑入りアオキにまぎれて咲いている
くちなしの花をみつけました。
20150611 くちなし
軒先に置いたままの、植木鉢からここまで伸びてきた様子、
良い香りがするらしいのですが、今日は雨を避けて望遠撮影のため、未確認です。
一重の梔子は、鳥さんからの贈り物??

昨日のガーデンでは、
20150611 アジサイ
色付いた紫陽花が雨を待っていました。

バラの頃からながい間咲いていた
20150611 カンパニュラ ラプンクロデイス
カンパニュラ ラプンクロデイス、ごくろうさんでした。
ナチュラルガーデンに似合っています。

5月の期間中、
「すみれちゃんは」とお声をかけてくださったお客様もいらっしゃいました、
私の拙いブログを見ていただいてのご訪問者さま、
せっかくの機会だったのですが、カーテンの内側で、鍵に守られた部屋の中、
20150611 すみれ①
すみれからは、庭を歩かれる大勢のお客様のご様子も見えていたとは思います。
でも、ほとんど寝ております。
20150611 すみれ②
きょうもまた、朝からこの調子です。 扉は開いており、出入り自由なのですが・・・。

金糸梅(キンシバイ)

2015/06/07
中国原産の、金糸梅(オトギリソウ科)が、鮮やかな黄色い花を咲かせています。20150607 キンシバイ
いっぱいある黄色のおしべを「金の糸」に
5 弁の花を「梅」にたとえての名前だそうです。

チンシバイ(ニワナナカマド)も
20150607 チンシバイ
純白の花をふわふわと咲かせています。 つぶつぶの蕾もかわいらしく・・・
漢字で書くと、珍至梅、原産地は中国北部。
5~7㍉の花が沢山円錐状に咲いているのですが
ひとつの花をよく見ると白い梅の花のようです。

スイートジュリエットなど四季咲きのバラ達も、
20150607 スイートジュリエット
2回目の開花がはじまっています。

アナベルは
20150607 アナベル
北アメリカ東部原産の紫陽花の仲間です。

6月に入っても、お友達や・仕事仲間・初対面の県外からのお客様など、
うれしいお客様のご訪問を受け、期間を少し延長して良かったとよろこんでおります。
今年の梅雨もそろそろ本格的になってきそうです!
今シーズンのガーデンすみれの丘・カフェおしゃべりサロンの営業は
本日(2015年6月7日)で終了させていただきます。
次回は、2016年5月の営業を予定しております。
ガーデン内の様子は、引き続きこのブログでupいたします。



ギボウシ

2015/06/05
今日は、朝から梅雨の雨が降っています。 かなり冷たく感じる雨です。
さすがに、お客さまもいないだろうと、ゆっくりと目覚め、
朝食も済ませて10時ころ、カフェに行き、
お客になったつもりで、久しぶりのコーヒータイム。
BGMもかけず、雨音だけが聞こえてくる部屋の中で、静かな時をすごしました。
20150605 ギボウシ①
カフェ入口のスロープの脇にメートル超えの大型のギボウシが佇んでいます。

他にも、種類の異なるものが・・
20150605 ギボウシ③

20150605 ギボウシ②
どの子たちも、植えっぱなしのほったらかし、
でも、この季節、雨に打たれながら輝いています。

白いなでしこと一緒にピンクのなでしこも咲きました。
201500605 なでしこ
白いナデシコの花言葉は「器用」「才能」、ピンクは「純粋な愛」だそうです。

白い花で開花する山アジサイのクレナイ
20150605 山アジサイ 紅
紅に染まりました。

5月中、私たちを毎朝起こしてくれたすみれは、6月になっても早起きです。
ところが、今朝はやけにおとなしく、ゆっくりと寝かせてくれたのですが、
キッチンで不穏な物音が・・やっぱり・・好奇心を抑えきれずに・・ついに・・
叱られて・飛び降りて・タワーに昇りすねていました。
20150605 すみれ
アイハートブレイン様から 貴重なコメントをいただいて、
注意深く対策は立てていたのですが、キッチンには、危険もいっぱい、
でも、なにごともなくて・・
そして今のすみれは、すねていたのも忘れて、好奇心の塊に・・。  

 今日もまた、お客様は雨の中遠路はるばると訪れていただき・・
おしゃべりの仲間にも参加させてもらえました。 ありがとうございました。

ラ・フランス

2015/06/01
ハイブリッド・ティーローズ第1号のラ・フランスは、
幾重にも重なる多い花弁の持ち主で、雨に弱く
なかなかきれいに咲かすことができなかったのですが、
今年は、すぐそばに植えたスイートピーに守られたのか
大輪の花を咲かせて、フル―ティーな香りを漂わせています。
20150601 ラ・フランス

やや遅咲きのジークフリートは、ブラインドもなく元気に咲き始めました。
20150601 ジークフリート
5月中に、ゆっくりとバラを楽しむゆとりのなかった私たちへの贈り物・・・
このほかにも、すでに2回目の開花となっている四季咲のバラたちが、
私たちを日常にいざなってくれます。

撫子の白い花びらに
20150601 ナデシコ
心がなごみます。

真っ赤な虞美人草は
20150601 虞美人草
ながい間、咲き続けて、お客様をお迎えしました。
今シーズンもまた、大勢の皆様とお会いできましたことに深く感謝申し上げます。
多くのバラの花が散り、最終日となった昨日の最後のお客様は、
「今日は花を見に来たのではなく、先日ここに来た妹から、
コーヒーが美味しかったと聞いたので、飲みに来ました」とカフェに入られて
コーヒーとシフォンケーキをご注文、「おいしかった」と言い残し帰って行かれました。
とてもうれしく、ありがたいお言葉でした。

6月にはいり、ガーデンにはゴデチャ
20150601 ゴデチャ
が咲き、紫陽花も青く色づいてきました。

庭の水銀等がつき始めたころ
20150601 皐月
東の空にはいつの間にかまん丸になったお月さまが・・
ガーデンとカフェの営業は5月で終了はしましたが、今日も遠方からお客さまが・・
しばらくは、カフェのほうで待機しておりますのでお声をおかけくださいませ。