ヤエハマナス

2015/05/30
ガーデンを一巡りされたお客様から、
あの花は何という花?と尋ねられ、
あれはハマナスですと答えると、え~あれがハマナス!!
まるで北海道に来ているみたい!
20150530 ヤエハマナス
この花はヤエハマナス、
ガーデン内には、赤ハマナス・黄ハマナス・白ハマナスもあります。
北の岬に咲くハマナスの花は、立待岬や知床旅情の歌で有名、
先日は、『ほら、あれよ・・高倉健の~』と網走番外地をくちずさむ方も・・
花数も多く、バラ特有の香りを漂わせており、毎年注目されているバラのひとつです。

20150530 ロサ・モスカータ
すぐ隣におとなしく、すこし遅れ気味に開花する、ロサ・モスカータ
印象の少ないバラだったのですが、今年はその可愛さが目にとまり
来年は、場所を変えてデビューするかも?

つるバラの羽衣は良い花を沢山咲かせていますが、
20150530 羽衣
誘引の方法を少し変更したいと思っています。

花弁の一部が欠けて咲くことから、十六夜薔薇と呼ばれていますが、
20150530 十六夜薔薇
つぎつぎに開花する花の中には、みごとな花も見つかります。

20150530 ガーデン
5月中、無休で取り組んできた、オープンガーデンとカフェの営業も、あと一日、
朝寝坊の好きな私たちですが、5時半に起床し、急いで朝食を済ませ、
10時のオープン間際までのガーデンの管理作業・
16時までのにわかカフェママとウエイター終了後は、
翌日の為のお菓子作りの繰り返しで、
皆さまのブログ訪問もおろそかになってしまい申し訳なく思っております。
さて、最後のシフォンケーキも焼きあがりました。
今年もまた、大勢のお客様をお迎えし、
「きれいなお庭」「おいしいお菓子」とほめていただいたこと、
そのまま素直に受けとめさせていただきます。  
天候に左右され、悔しさもありましたが、自然の懐にいだかれて細々と
生かされている身、真摯に向き合って行こうと思います。
カフェの中では、「来年も・・また・・」「お元気で・・」と
年の瀬を思わせるようなご挨拶がつづいていました。

すみれも、ほぼパーフェクトに目覚ましの仕事を頑張りました。
20150530 すみれ
でも、6月になったら、もう少しゆっくり、遅くまで寝かせてほしいと思います。

フランソワジュランビル

2015/05/26
1月15日に、窓辺のすみれに見守られながら
脚立に昇り、大型のアーチに誘引したフランソワジュランビルが咲いています。
20150526 フランソワジュランビル
*作業風景は、2015 1 15付け「ポインセチアのお引っ越し」。

このアーチをくぐれば、正面のフェンスに、ニュードーンが
20150526 ニュードーン
色も・形も・香りも・と、3拍子揃って申し分のない花を咲かせました。
蕾も沢山付いており、しばらくは楽しませてくれそうです。

すぐ足元をみると、
20150526 ハナショウブ
花ショウブが開花しています。  そろそろ、バラの季節が・・交代・・

今年も、大勢の訪問者が、この花の小路を歩いて・・
20150526 花の道
今日もまた、新たな出会いがひとつ、
若いころに2年間住んだことのある港町、2男の出生地でもある思いの強い街ですが、
ここから一時間半の道のりを、『花が好きなのでやってきた』と話されて、
カフェでコーヒーとシフォンケーキを召しあがった後、
お連れの女性から「この人若く見えるでしょう・・91歳なのよ」と紹介され、
転んで骨折したとのおみ足をかばいながら支えられて、
『来年もまた逢いましょう』と言い残して帰って行かれた短い会話が心に残りました。
来年も・再来年も・・またどうぞ、お待ちしております。

粉粧楼

2015/05/22
フンショウロウは、花弁が薄くてとても傷つきやすい繊細なオールドローズです。
四季咲で、花もよく咲いてくれるのですが・・
20150522 粉粧楼
沢山の蕾の中からの一輪です。

白と赤のマーブル模様の印象的なセンチメンタル
20150522 センチメンタル
個性的な存在です。

手作りのパーゴラと2連のアーチが繋がりました。
20150522 2連アーチとパーゴラ
キングの2連アーチとアルベリックバルビエのパーゴラです。
20150522 手造りのアーチ
通常は、このような景色なのですが、
上から見れば
20150522 アーチの上から
このような景色が・・・

夕方、パーゴラのさらに上を見上げると、20150522 三日月
細い三日月が、そして、西側の山陰に消えた後には、満天の星空が広がっていました。

ガーデンすみれの丘・カフェおしゃべりサロンは 
     5月中無休で営業(10:00~16:00)しています。   

極楽鳥花

2015/05/19
極楽鳥花(ストレリチア)が10年ぶりに開花しました。 
鉢植えの大株二鉢の内の一つで、夏は戸外、冬季は室内管理しています。
いつの頃か、忘れてしまうくらい以前に、まだ珍しかったこの花の小さな苗を購入し
持ち続けていますが、枯れもせず・咲きもせずの状態です。
20510519 極楽鳥花
昨日は、午後からの雨の中、同級生等3組の夫婦が来てくれました。
そぼ降る雨の中、6名はバラの花を撮影したりして室内へ・・
プラス2名で、おしゃべりタイムの始まりです。
戸外にやってきた小鳥の姿を見て話題はウグイスに・・
『この間ウグイスが鳴くのを初めて見た』??ウグイスなんて今だって鳴いている、
珍しくもなんとも~いや~そう云えば~鳴いている姿は見たことがない!
その小さな身体を、目いっぱい大きくふくらせて、一生懸命に鳴いていたそうです。
同級生たちは、雨の日ならゆっくり話せるだろうと、この時を選んできてくれたとのこと、
お心遣いに感謝いたします。

ガーデンの様子は
20150519 夢乙女・安曇野
宇部小町や安曇野など、ミニのつるバラ達が咲いてきました。

20150519 夢乙女
ベット仕立ての夢乙女は満開!

ホタルブクロも満開です。
20150519 ホタルブクロ
カフェのお客さんから、「今年ははやくも蛍が飛んでいる」とお聞きし、
蛍は6月でしょうと答えてしまいましたが、ガーデンでもすでに蛍が飛んでいました。
  昨日のウグイス談義の余韻は、
今は、ホトトギスが鳴きながらガーデンの上空を飛んでいるという、私たちの会話となり、
朝からは、カッコウの声も聞こえていました。  花鳥風月を楽しみたいと思います!


すみれは
20150519 すみれ
独りで家の中、首を長くして私たちの帰りを待っている様子です。





ウイリアム・モーリス

2015/05/15
ガーデンの東側で、ウイリアム・モーリスが咲いています。
20150515 ウィリアム・モーリス
この付近には、ピエールドゥロンサールやロイヤルサンセットなど6種ほどのつるバラが
あり、去年に比べ蕾の数も少なく、天候不順だったせいだろうと、あきらめかけていま
したが、昨日今日、ガーデンのバラ達はにわかに華やいできています。
20150515 シャルルドゥミル
シャルルドゥミルも窓辺で風に揺れています。

20150515 ピンクアイスバーグ
ピンクアイスバーグ(手前)や

20150515 プレイボーイ他
プレイボーイ(手前)
なども、一生懸命です。 ガーデンのあちこちで『わーきれい』~『いい香り』など、
声が聞こえてきます・・・・よかった! ほっと、息がもれました!

20150515 乙女達
今年もまた、遠方から同期生や、同級生が来てくれました。
お互いに、それぞれの場所で一生懸命に生きてきた者同士の、
○○年も前のまんまのおしゃべりが、弾みました。 ありがとう! また逢いたいです。

すみれにお仕事ができました!!
20150515 すみれ
毎朝、5時半に私たちを起こします。 ほぼ正確にやってくれています。
二人を起こしたすみれは、朝食の後、トイレを済ませ、私たちを送り出した後は、
花がなくなり広くなったサンルームを独り占め、今日もまたお留守番です。
後半月、すみれ、頑張れ!






ラ・パリジェンヌ

2015/05/12
今日は、5月の台風に、朝から夕方まで雨が降り続きました。
やっと咲きはじめたというのに、大変・・・・
昨日は、少しでも多くのバラの花を写しておこうと遅くまで撮りまくり
20150512 ラ・パリジェンヌ
夕方のガーデンにラ・パリジェンヌが華やかに咲いていました。

20150512 二コール
すぐそばには、二コールも

2050512 クラウンプリンセスマルガリータ
クラウンプリンセスマルガリータも大輪の花を咲かせています。

20150512 ぺネロープ
入口付近では、ぺネロープが、お客様を出迎えます。
朝一番の訪問者は、N放送の撮影スタッフ、そして緊張気味に撮影が開始されると、
□のポケットのスマホが音を立て、『バラは咲いていますか』とのお問い合わせ、
20150512 取材撮影
とにもかくにも、終了してホッとしています。
早朝からの撮影お疲れさまでした。
そして、パリジェンヌのようなレポーターさんありがとうございました。

私たちが家に帰るのを待っている「すみれ」は
20150512 すみれ
私たちにぴったりと身を寄せて、癒してくれます。

雨が止み、夕方ガーデンを見て回った限りでは、大きな被害はなさそうで、
ミニバラの夢乙女も開花が始まっており、20日前後には期待できそうです、が、
寒い?台風、なんか変です。
バラの咲き方も、少し変なんです?




クイーンオブスエ―デン

2015/05/09
 ガーデンのバラ達が、つぎつぎに咲き始めています!!!
20150509 クイーンオブスエーデン
クイーンオブスエ―デンは樹形も花の形も・・・女王の名にふさわしく

20150509 マチルダ他
ガーデンの入口付近では、マチルダ後方のつるバラ群がまもなく見ごろを迎えます

20150509 ピエールドゥロンサール
つるバラ群の左には、ピエールドゥロンサールの開花がはじまっています

ガーデンの中心部でも、
20150509 オルレア
イングリッシュローズやフロリバンダが・・

20150509 万葉
万葉も沢山の蕾が開花を待っています

20150509 アマリリス
アマリリスの咲く小路をすぎれば、

20150509 ブルームーン
もうひとつのバラの庭、ブルームーンの香りは大好きです

満開のアグロステンマは朝からの雨に打たれて、
20150509 アグロステンマ
麦畑の雑草ともいわれる程丈夫なこの花のことですから、
晴れた日には風の乱舞も(台風6号の接近も気になりますが?)
この付近にある、宇部小町や夢乙女などミニのつるバラはやや遅咲きで、
20日前後の開花を予想しています。

  連日、大勢のお客様のご訪問を受け、カフェおしゃべりサロンでは、
花談義に加え、刺し子の話、そして今年はすみれのおかげでペットのお話など
楽しいおしゃべりの花が満開です!!
バラの花が満開となり、お客様が増えれば、にわかカフェママやウエイターは、
対応に悪戦苦闘(汗)(冷や汗)・・・お客様との会話もそこそこに、
電話もすぐには取れない状況に陥ります。 
前もってお詫び申し上げます、申し訳ありません。 
  



ノイバラ

2015/05/06
 野茨は、日本各地の山野に多く自生するバラで、
雑草扱いの嫌われ者に属しています。
20150506 ノイバラ
この嫌われ者との出会いは10年ほど前のこと、
○の押し花の素材をさがしに峠道を車で走行中、
崖から道路に垂れ下がっていた小さな白い花が目に入り、一枝を持ち帰りました。
花を枝から離して、押すと薄いピンク色の押し花ができました。 
枝のほうはその時に挿し木したのです。 
その後今の場所に定植し、ブッシュ仕立てで育てているのですが、かなり気難しく、
選定や施肥のことを手さぐりで考えながら管理して今年はすなおに花を咲かせました。
このバラのことを私たちはスナハチバラと呼び合っていますが、
今が満開、ガーデンの通用口付近で、毎朝とてもさわやかな香りで迎えてくれています。

さて、そのガーデンのバラの状況ですが、
ガーデン入口付近の、バタースコッチ
20150506 バタースコッチ

つるピース
20150506 つるピース
等はつぎつぎと開花しており、この付近のつるバラ群は、週末には咲きそろうかも?

そしてガーデン内のあちこちで
黄色ハマナス
20150506 黄色ハマナス

万葉
20150506 万葉

カーディナルドゥリシュリュー
20150506 カーディナルドゥリシュリュー

エブリン
20150506 エブリン
などが開花し、今年もまたバラと草花の競演がはじまっています。
20150506 ガートルードジェーキル&ジキタリス
ガートルードジェーキル&ジキタリス

連日独りでお留守番のすみれです!とてもいい子にしている様子です!
20150506 すみれ
今日のお客様は、高速道路を2時間もかけてきていただき、
ブログですみれのことも見ていただいているご様子。
やさしそうなご夫婦の、猫ちゃんのお話もすこしだけ・・・
大勢の方が、道に迷われながらガーデンを訪問してくださっています。
ありがとうございます。

キショウブ

2015/05/03
 黄菖蒲の花言葉は、「幸せを掴む」・・・、3~4年前、実家にあったキショウブの
大きな株を、兄がスコップで掘り上げて、株分けしてくれたものです。
20150503 キショウブ
ほとんど放置状態ですが、雑草に絡まれながらも、毎年元気に花を咲かせています。

ポピーも咲き始めました。
20150503 ポピー

今のガーデンは、
20150503 アグロステンマ
アグロステンマや、ポピー・オルレア等が初夏の風にゆれて・・・・。

開花がはじまっているバラは、
20150503 ガ-トルードジェキル
ガ-トルードジェキル

20150503 ゼフィリンドルーアン
ゼフィリンドルーアン
など20種余りで、5月10日ころからは、多数のバラの開花がはじまり、
20日ころには、ほとんどのバラが咲くと思います。
    ガーデンすみれの丘・カフェおしゃべりサロンは5月中無休で
          午前10時から午後4時まで営業しております。