紅葉

2014/11/29
 前庭の石灯篭の脇に、「灯障りの木」だよと云って植えてくれた小ぶりのモミジ
この時期には見事に紅葉していましたが、カミキリムシの被害に遭ってしまいました。
20141129 紅葉
7~8年の時の流れを経て、同じ場所に芽吹いた小さな双葉が成長して、色鮮やかな椛に育っています。

20141129 万両
「白実の万両」の実はまるで真珠のよう。

20141129 プレイボーイ
ガーデン中央部のプレイボーイはよく咲いています。

毎日、毎日、寝る間際まで猫ブログ訪問を繰り返し愉しんでいる○、
今は無理だけど、数年後には「猫を飼う」と宣言、
そして今日・・・「全員集合」・・・
20141129 全員集合
家じゅうの猫たちが集まりました。 
当面はこの子たちで。  時々はエサも与えている様子。
中には腹いっぱいにため込んで動けなくなっているのもあり、元に戻すのが大変、一汗かきました。

ラ・フランス

2014/11/24
 フランス生まれのモダンローズ第一号のラ・フランス、今年はよく咲いてくれました。
20141124 ラフランス
ピンクの花弁が幾重にも重なる大輪で、自身の重たさでうつむいてしまうこの花を撮影するため○は、
四苦八苦したそうですが、でも、最初にシャッターを切ったこの一枚が・・。
フル―ティーな強い香りに魅了され、スーハ―・すーはー離れては引き返しの繰り返し。

20141124 プレイガール
プレイガールも満開です。

20141124 コーネリア
コーネリアは、ガーデンから外にはみ出しています。

20141124 晩秋の庭
晩秋のガーデンには、カモミールのこぼれ種が芽吹き育とうとています。
一週間の入院生活を終えて帰宅直後の作業になりました。  
明日、ガーデンを見にゆきます。・・□・・

ポインセチア

2014/11/17
 ポインセチアは、昨年の冬、△が購入したプリンセチアの連れ合いにと、
同じ町内のファームで○が求めてきた小鉢でした。
プリンセチアとともに大きくそだちました。20141117 ポインセチア 11月17日
プリンセチアは△宅の居間、ポインセチアは我が家のサンルームで、ひときわ鮮やかに納まっています。 

それらの存在に全く関心のなかった□、6月末にアキレス腱断裂、
9月になってやっとすこしづつ歩けるようになり、リハビリの目的でこの2つのセチアの短日処理に挑戦。
9月15日 (ポインセチア)
20141117 ポインセチア 9月15日
思っていたより大きく、段ボール箱作戦は変更、倉庫の中から資材を○が脚立に乗って引き出したり、
□は、杖に身体を預けつつ庭を右往左往、なんとか夕刻までに遮光設備が完成。
17時ちょうど、ポインセチア・プリンセチアの短日処理がスタートしました。 
翌朝は、7時ちょうどに遮光幕をとり、光を求めますが、太陽の具合を見ていた○、
光が思うように当たらないと、設備から鉢を取り出して庭に並べ、今後この手順でとなったものの、台風接近のニュースが・・とうぜん台風に耐えられる設備でもなく、倉庫内に取り込むことに、それでも窓からの射光や、蛍光灯の明かりも気になって、倉庫の隅に遮光ネットを張りこの中に2つの鉢を搬入することに。  ところが、いつの間にか小鉢が増えて
大小3 鉢を朝夕出し入れすることに。
10月17日(一ヶ月経過)
20141117 ポインセチア 10月17日
短日処理の作業は順調で、倉庫から石段を登り南側の庭の日の当る場所まで杖なしで、鉢を抱えて歩けるほどに
リハビリも進み、葉っぱの色にも変化が見られます。
11月10日
20141117 ポインセチア 11月10日
こうなれば、ポインセチアも、□の足も、もう大丈夫、20141117 比較11月17日

20141117 ポインセチアの子供11月17日
途中から短日処理に参加した小鉢は○が今年の夏に大きな鉢の伸びすぎた枝を挿し木していたもの、
昨年の12月に購入したポインセチアはこの位の大きさだったとか、
来年の作業が思いやられます。 
でも・・今・・我が家で一番輝いている大切な存在です。

ブーゲンビリア

2014/11/15
 ブーゲンビリアがしだれ咲くような、暖かい地方で暮らしたいと夢を見ていた○、
5月のバラの季節をいそがしく乗り越えて、やっと一息の6月下旬の一日、ひたすら車を走らせて
高知県にあるモネの庭へ、一巡りした後ガーデンショップで
すでに花の散りかけた20センチ程のピンクのブーゲンビリアの苗を購入、
20141115 ブーゲンビリア(ピンク)
夏の間に1メートルを超える高さに成長し、11月に入ってピンクの花(包葉)を咲かせています。

6月23日 モネの庭では、20140623 モネの庭 青い睡蓮
青い睡蓮が、開こうとしていました。

ブーゲンビリアの開花は、通常4月ころから、盛夏期間を除いて11月末ころだそうですが、
冬の間、サンルームですごしている、我が家の花は、
20141115 ブーゲンビリア(赤)
4月ころ強剪定をしたため、今年は10月に開花、
今日は朝から、寒さに弱い花達を、サンルームや室内に取り込む作業、
20141115 ブーゲンビリア
戸外のガーデンより、華やかになりました。

プリンセチア

2014/11/10
 買い物担当の△が昨年の冬に購入したプリンセチア、
一年がかりで水や肥料、鉢増し等の管理を人知れず行った○から、
段ボール箱による短日処理をアキレス腱復帰のリハビリと仰せつかった□、
20141110 プリンセチア
それぞれの思いに十分にこたえてくれました。

9月15日、短日処理の開始
20141110 プリンセチア 9月15日
○が用意していたかなり大きめの段ボール箱には納まらず、庭の隅に処理施設を造り、
1か月の短日処理作業がスタートしました。

9月28日
20141110 プリンセチア 9月28日
短日処理は、夕方5時に遮光して、朝7時から光に当てる単純な作業です。

10月5日
20141110 プリンセチア 10月5日
○は日中の日当たりの具合にも細かく気を配ります。

10月17日
20141104 プリンセチア10月17日
予定の1カ月が過ぎて葉の色もピンクになりました。

11月10日
20141110 プリンセチア 11月10日
△の感想・・「売り物になるね!」
ほぼ完成ですが、我が家では朝夕にアラームが鳴り、日々の管理は続きます。




山躑躅

2014/11/04
 ガーデンの周囲に自生し、毎年初夏に花を咲かせる数本の山躑躅、
そのうちの一つは、秋にもう一度開花します。
20141104 山躑躅
 初夏のバラの咲く頃には、競い合って鳴いていた鶯、夏が終わる頃からは、
他の鳥の鳴き声に埋もれていたのに、日増しに寒くなる今、達者な声で鳴いています。
 日本の南には、台風20号・・、北国は雪が・・。   一羽の鶯が気にかかります。

ガーデンの足元では
20141104 リンドウ
リンドウが青空に向かって鮮やかに花を開き、

20141104.jpg
バタースコッチは、秋のバラらしく、引き締まって咲いていました。

○が、探していたハートの葉っぱのユーカリ(ポポラス)
 20141104 ユーカリ
近くのホームストックで見つけ早速購入、成長が早く、とても大きくなるということで、楽しみです。