モッコウバラのアーチ

2012/04/26
  4月22日「えひめ南予いやし博」が開幕、26日には ガーデンすみれの丘入口のモッコウバラが満開になりました。 宇和島市内と比べて4~5日遅れです。 一昨年、前の畑で鹿の被害にあっていた大株を掘り起こし、棘がなく最も早く花を咲かせてくれるので、入口のアーチにと、2株を左右に移植、ほとんど根が取れなかったのでだめかなと思っていたら、昨年1株からシュートが伸びてアーチを半分だけカバーしてくれました。2012.4.26モッコウ薔薇
 他のバラも、蕾が目立ち始め5月中旬ころから開花が始まるかも・・・
   2012.4.26マチルダの蕾     ロサ・キネンシス・ミニマ     2012.4.26カモミールとバラの新芽
   4月26日マチルダの蕾      ロサ・キネンシス・ミニマ   カモミールとの交代を待つバラ
 中央のピンクのバラは、ちいさいバラで存在感はありませんが園内で1番先に開花したそうです。

  「いよ伊予なんよ!きてみ祭」・・・・
           えひめ南予いやし博2012 オープニングイベントに参加しました。
              いやし博出陣式      パレード   
 宇和島市の商店街で出陣式・パレードの後、きさいや広場での津島太鼓集団 雅 の軽快な演奏につづき、小学生代表8名が、「海、川、森、人の楽園を巡るいやし博の開幕です」と宣言、ファンファーレと大型クラッカーがこだまして、11月4日まで続く各種イベントの第一歩が刻まれました。
           津島太鼓集団 雅            いやし博オープニングセレモニー
 ガーデンすみれの丘では、いやし博自主企画イベントとして、バラの開花期にあわせて、オープンガーデンを行います。 今、園内はカモミールが主役です、バラは日ごと緑濃くなり、蕾を持ち上げてきます、○は1日百単位のバラゾウムシを捕まえ、□は1日2~3匹しか見つけることができません。 草むしり、害虫捕獲作業はいつまでもつづきます・・・・・。
    山に自生するガマズミの花    ライラック    オルレア

山すそに咲く、ガマズミの白い花、鉢植えのライラック、清楚なオルレアが作業の疲れをいやしてくれます。 

カモミールの庭

2012/04/15
 次々と咲く梅や桃の花に見とれていたら・・・ガーデンすみれの丘では、カモミールが満開となり園内の通路を占拠しています。 町内の花のトンネルは葉桜となり、冬に誘引したつるバラは行儀よく芽吹いています。カモミール①
 去年のこぼれ種で芽吹いたカモミールは園内の通路一面に広がり、リンゴのような甘い香りがあふれています。
モッコウバラは小さな花芽が膨らんできました。 22日はえひめ南予いやし博の開幕、ガーデンの作業もバラの開花時期に合わせて草むしりや害虫の駆除に日々の大半が奪われています。 とくにカブトムシを極小化したようなゾウムシは、バラの新芽が大好物のようで、○は2~3時間かけて園内の薔薇を見て回り、一日数十匹から百を超える数のムシ退治・・・
忘れな草の小路 忘れな草とカモミール タイム エゴの木
 忘れ名草のブルーの小路。 タイムも花盛り・・・                                 薔薇の新芽 白花山吹 つる薔薇の新芽 モッコウバラの新芽
バラの新芽は約20センチほどに伸びてきましたが、例年よりは遅く感じます。

桜咲く森の国

2012/04/01
 2012年4月1日・・森の国では、桜が満開です。  今日は、第23回まつの桃源郷マラソン大会・・県内外から約3,500名の選手がおとづれていました。 好天に恵まれ、私たちは朝からガーデン整備・・・マラソンは花火の合図で午前10時30分にスタート、花咲く森の国の自然の中で、それぞれの思いの時が流れたことと思います。 競技中は、鬼城太鼓の軽快な応援のリズムがいつまでも響いていました。2012.3.31森の国のソメイヨシノ

     桃源郷マラソン大会コースの桃の花      小学校のソメイヨシノ      河津桜とソメイヨシノ


 ガーデンの中では、水仙が花盛りです。
水仙(ゴールデンベル)

       水仙⑥    水仙⑤    水仙⑦

               
水仙②     水仙⑧

 そのほか、昨年秋に○が種をまき、大切に育ててきた花大根・わすれな草・・・・、自生すみれや、ノースポール・・ムスカリ・花ニラなどが咲いています。 
     花大根     わすれな草    自生スミレ 

  ノースポール ムスカリ 花にら 花韮