FC2ブログ

なつのおわりに

2019/09/07
 ガーデンの夏バラの管理作業もあと少しでおわります。
今年の雑草はとっても元気、
抜いても、抜いても生えてくる草たちを除去して
夏肥を施して、やっと剪定作業にたどりつきました。
でも、今日は大雨警報が発令される終日の雨・・・
20190907 最後の夏バラ
昨日剪定したバラを持ち帰っていて良かった。
今年最後のなつのバラが私を癒してくれました。

20190907 おすましすみれ
すみれはおすましで、行儀よく〇〇です。
「すみれちゃん」と声をかけると
20190907.jpg
『にゃ~に~』と振り返ります。  
その向こうにはまりもが無心に遊んでいます。

あつがりの楽は
20190907 楽の居場所
涼しい場所をよく知っているようです。

まりもの秘密基地
20190907 まりもの秘密基地
身体の小さなまりもは、
すみれや楽の入れない狭い場所を巧みに利用しているようです。

なんの『香り』?

2019/08/23
 
朝晩には、幾分涼を感じる気候になりましたが、日中はまだ夏の強い日差しが残っています。
20190830 ルリヤナギ
間もなくバラたちに夏肥を与え、剪定作業を予定しています。
その為の雑草除去の日々で、熱中症を気遣う余裕もなくなりました。

大きく成長した雑草を除くと、タマスダレが、喜んで花を咲かせています。
20190823 タマスダレ

8月17日午後9時(当日は18:53日没)ころのお話です
一日の作業を終え、とりあえずシャワーで汗を流し、
洗い終えた作業着を日が沈んだベランダに干していると、
『あ・この香りだ』~
疲れた身体をエアコンで冷やしている夫に
『あの香りがしている』と告げるとすぐ、
二人で外に出て香りを求めて暗くなった道路を歩きます。
ガーデンに行けば香ってくるかもと思いながら、でも暗くて歩きづらく、
夫は引き返して我が家の裏庭の方に歩き、私もつづきます。
背の高い夫が先に『あ・この香りだ』とつぶやきますが、私には香りません。
そして、夫のつぶやいた場所に行き『あ・この香り』そこはベランダの直ぐそばでした。
『香りのある植物』が大好きな私はバラの香りをはじめ、
いろんな植物の香りでいやされています。
でも『この香りは』私のガーデンの植物の香りではなく、
強い夏の日差しを受けた森の植物の光合成による、
壮大なエネルギーに満たされたかのような、神秘的な、大好きな『香り』なのです。
名前もわからない、漠然としたものなのですが、夫婦間ではしっかり共有できていました。

久しぶりの夜の外出・・
20190823 立待月
東の空に「立待月」が顔を出していました。

今日も猫さんは
20190823 猫さん
残暑に耐えています。 
香りには敏感な猫さんですが、『あの香り』の正体を訪ねるすべもなく、
毎年この時期には、自然あふれる周囲の山々から漂ってくる特別な『香り』・・
正体が知りたい・・・、せめて名前だけでも・・・知りたい。


台風10号の接近

2019/08/14
 台風10号が、当地方に迫ってきています。
20190814 オミナエシ
ガーデンの入口には今年もまた女郎花が咲きました。
台風10号はやっと進路が定まった様子で、
明日未明から午前中に我が家地方に
接近して通過する予報が出て、すでに強風域に入っており
激しい風雨がときどき不気味な音を立てています。
20190814 タカサゴユリ
今朝のガーデンの景色も変わってしまいそう。
20190814 ニコル
毎日の雑草との闘いも、台風が過ぎ去るまで小休止、

猫たちは私たちが家に居るので
20190814 すみれ&楽

20190814 まりも
のんびり過ごしています。
20190814 すみれ
何事もなく、被害の無いことを祈るばかりです。

暑い・熱い夏のはじまり

2019/07/30
 遅かった梅雨がやっと終わり、暑い夏がはじまりました。
20190730 エキナセア
四国地法の梅雨明けは、7月24日ころ、平年と比べ6日、昨年より15日遅かったそうです。

夏の強い日差しの中では
20190730 タイタンビカス
タイタンビカスが咲き

20190730 すみれちゃん
我が家生まれの「すみれちゃん」も繰り返し咲いています。

猫たちは、暑さに・・・
20190730 すみれ&楽

20190730 楽
じっと耐えています。

昨日は、ご近所様から立派なスイカと、皮の白いカボチャを戴きました。
20190730 戴きもの

我が家では初めての「坊っちゃんカボチャ」が沢山採れています。
20190730 坊っちゃんカボチャ
朝の涼しいうちにと、ゴーヤにキュウリ、茄子やカボチャ数個を収穫しただけで、
夏の日差しから逃げるように家に入り、今日は外に出るのはやめようと思いながら
汗を流して、テレビをつけると
坊っちゃんスタジアムからの高校野球地区大会の決勝戦の中継がはじまっていました。
夫はもうテレビの前から離れません。
結果は二男の母校「宇和島東高等学校」が9年ぶり9度目の
令和元年度甲子園大会出場が決まり、優勝校監督インタビューで、
「令和元年の出場の想い・・」の質問に対して
『平成元年にも出場しているみたいなので・・』
返した言葉に、野球の伝統高らしさを感じました。
夏の暑さを吹き飛ばす高校球児の熱い夏のはじまりです。

夏越の祓(なごしのはらえ)

2019/07/16
  梅雨空のガーデンに
ヤブカンゾウが咲いていました。
20190716 ヤブカンゾウ

昨年は、7月豪雨災害の影響で帰郷を中止した娘家族が
先日京都からやってきました。
20190714 敦斗
長男は、来年一年生、前回よりずいぶん成長しています。

20190716 悠人
二男は私たちとは初対面、1歳8ヶ月ですが、まだ喋れません。
歩きはじめるのは早かった様子で、そういえば、母親も同じでした。

20190716 ギボウシ
『来て嬉し、帰って嬉し孫の顔』~孫台風のパワーは想像以上で、
用意していたご馳走を出し忘れたり、朝ごはんのヨーグルトが冷蔵庫に残っていたり
嵐のような日常を送っている若い人たちは偉いな~と感じ入りながら、
孫たちの乗る車を見送って、夫は氏神様の夏越祭に・・・
20190716 茅の輪くぐり
神前で夏越の祓を受けた後、茅の輪くぐりをおこないました。
当地方では、稲祈祷・輪抜けと呼ばれて、
茅の輪をくぐる際『蘇民将来(そみんしょうらい)』と唱えながら
歩いて8の字を描くように3度輪をくぐり、
病などを治す為のヒト型を水に流すのだそうです。

20190716 神棚
夫が神社からいただいて帰った「お榊」を我が家の神棚にお供えして
夫婦で手を合わせました。
無言ですが娘一家の無事を願って。

20190716 平穏
孫台風の間、どこかに身を隠してじっと耐えていたこのこたちにも平穏がもどったようです。