FC2ブログ

雪待月

2018/11/13
 11月の異名の一つとして、クイズで紹介されていた「雪待月」
ほかにも、神楽月・神帰月・建子月・霜月・霜降月・・・・・等々、
たくさんの名前があるようですね。

この季節になると、ついカメラを向けてしまうツワブキの花
20181113 ツワブキ

穏やかな晴天に恵まれて、秋のバラ達も
20181113 秋バラ①

20181113 秋バラ②

20181113 秋バラ③
初夏に咲く華やかさとは異なった、静かなたたずまいで咲いています。

赤く実ったローズヒップや
20181113 ローズヒップ

庭のモミジ葉も紅葉し
20181113 紅葉②

20181113 紅葉①

あと半月で師走・・、また冬バラの管理作業がはじまります。

秋バラの季節

2018/10/20
 秋バラの季節を迎えたのは、少し時期を遅らせて剪定していたガーデンのバラ、
20181020 秋バラ①
予定どおりの開花になりました。 (剪定から45日目ころの開花です)

20181020 秋バラ②

20181020 秋バラ③

20181020 秋バラ④

20181020 秋バラ⑤

20181020 秋バラ⑥

今年は、近隣にも災害をもたらした7月豪雨、そして連続の猛暑日や台風・・
襲いかかる自然の猛威を言い訳に、消毒作業や庭の管理を怠って、
虫害や雑草の目立つガーデンになってしまいましが、
濃厚な秋バラの香りが私たちの背中を押してくれているようです。

暑い夏季にはほとんど使用していなかったキャットタワー
20181020 楽

 すこし寒くなってくると、すみれは上手におねだりして、夫の布団にもぐりこみ
20181020 すみれ
二人の世界を過ごしているようです。

20181020 すみれ&楽
楽は暑がり・すみれは寒がり、なのでしょうか?

秋桜の花

2018/10/06
ガーデンの中で、ここは私の場所
と云わんばかりに、毎年芽を出す昔ながらのコスモス、
雑草と一緒に除去してしまうのも忍びなく、そのままにしておくと
やがて、私の背丈を超えるほどに成長し、たくさんの蕾を付け、
20181006 コスモス⑤
豪雨や猛暑日、たび重なる台風にも耐えて秋桜の花を咲かせました。

20181006 コスモス①

20181006 コスモス②
秋空に向って咲いていたコスモスは、風に倒されても
20181006 コスモス③
咲いていますが・・
20181006 コスモス④
さて、来年はどうしましょう~

台風25号は日本海に移動して、当地方では、戸外に出ると金木犀の香りが漂い
20181006 金木犀
季節の移り変わりを感じています。

彼岸花

2018/09/20
秋のお彼岸にあわせるように、
県道沿いに真っ赤な彼岸花が咲きました。
20180920 ヒガンバナ(赤)②
厳しい残暑の日に、この長い傾畔の雑草を草刈り機で除草していた、
農家の主婦の姿がありました。 そのお隣には、別の農家のご主人が・・・
20180920 ヒガンバナ(赤)③
だれも、何も云わないけれど、
そこできれいに咲いているのが当たり前の景色になっている様子。

ガーデンの中には今年もまた、白い彼岸花が
20180920 ヒガンバナ(白)①
時を忘れずに咲いています。
20180920 ヒガンバナ(白)②
どのこたちも
20180920 ヒガンバナ(赤)①
立派なお髭がほこらしそう、
20180920 すみれ
わたしだって、ほら・ネ・

20180920 秋空
みんな~すごいな~

台風21号の通過

2018/09/04
  非常に強い台風21号は、午前中に四国沖の太平洋を通過して、
近畿地方で大暴れをして北に向かっています。
被害を受けなかった我が家地方、午後には青空が見えて、20180904 ヤマボウシの実
ヤマボウシノの赤い実が、何事もなかったように残されていました。

20180904 ルリヤナギ
ルリヤナギ

20180904 夏の薔薇
猛暑の中でも繰り返し咲いていたバラの花も、明日には剪定作業を再開、
昨日、台風が来る前に剪定を済ませていた半数と、残りの半数を終了させたいと思います。
夏の間ほとんど放置状態のバラ達ですが、秋バラの開花に向けてのお手入れです。

こちらでは、すみれが
20180904 すみれ
お肌の手入れに余念がありません。

各地域の皆様に、台風の被害がありませんよう、お祈りいたします。